忍者ブログ
なけなしの小遣いをはたいて一口馬主で何とか儲けようと企む恐ろしい日記
[191]  [190]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181
○カルカソンヌ
 2歳未勝利(1月17日京都 芝2200m) 1着

 いやあ約半年ぶりの勝利…ここまで長かった。
 今日の勝利に関しては馬の力もさることながら岩田騎手の手腕によるものが大きかったと思ってます。
 出遅れた時点で万事休す、というか完全に諦めモードになっていましたから…
 焦らず後ろからインをぴったり回り、直線でも上手くすり抜けて最後は1馬身抜け出しての勝利!
 出資馬じゃなくても見応えありましたね。本当に上手いなぁと感心するような素晴らしい騎乗でした。

 騎乗振りばかり注目しましたが、もちろん馬の状態も良かったと思います。
 パドックで入れ込まずあんなにシャキシャキ歩けていたのはカルカソンヌだけでしたからね。

 次に数字的な話
 ハロンタイム 13.0 - 11.4 - 13.0 - 13.0 - 13.1 - 12.8 - 13.4 - 12.7 - 12.3 - 11.7 - 11.7
 レース上がり 4F 48.4 - 3F 35.7
 カルカソンヌの推定上がり 34.9

 異常なほどのスローペースですな。だからこそラスト4ハロンでハロンごとに加速してるのでしょうけど。
 こういう流れで後ろから行って勝てるのですから、弱いってことはないかと思っています。

 最後に、次はどうするんやろ(できれば続戦してくれたら…)と思ってしまいますが、
 まずは怪我無く無事でありますように。
PR
COMMENT
名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
ほっ
カルカソンヌ、頑張ってくれましたね。
今回は何か勝てそうな気がしていたのですが、それが現実になってくれて本当にうれしいです。
前走がある意味不甲斐ないとも言える1戦だったのですが、あの経験が少なからず今回に生きたんじゃないかと思っています。

今後ですが、個人的には使い込んだことでの精神面が少し不安なので、ひと息入れてもらいたいと思っているんですが、不安がなければ続戦も良いですね。
この辺りは実績ある師が適切な判断をしてくれるでしょうから。
こういう時にベテランで経験豊富な厩舎は頼りになりますね。
kosmos URL 2009/01/17(Sat)21:40:27 編集
無題
カルカソンヌ、勝ちあがりおめでとうございます!
どうなることかと思いましたが、最後イイ脚使いましたね。
たま URL 2009/01/18(Sun)00:48:57 編集
おめでとう!
待望の初勝利ですね♪
強い勝ち方で、上のクラスにいっても通用しそうですね^^
何はともあれ、おめでとうございます^^
クロノス 2009/01/18(Sun)01:19:27 編集
お祝いありがとうございます
>kosmosさん
やってくれましたね。私もなんだかんだ言ってほっとしているのが正直なところです。
次のレースですが、この時期勝ち上がっていざ上を目指すとなると強行軍で早めに賞金を上積みするか
一度休ませて次を目指すか中途半端な時期なんですよね…
まあ陣営を心底信頼しているのでどういう選択をしても信頼が揺らぐことはないでしょう。
松田博厩舎は今後もお願いしたい調教師になりました。

>たまさん
お祝いありがとうございます。
初戦、第2戦と見せてくれた上がり一番時計がいい具合に発揮できたと思います。
こう上手くはまる事はそうそう無いことだと思いますが
まだまだ能力はあると思っているので応援お願いします。

>クロノスさん
お祝いありがとうございます。
これでようやくトゥリオンファーレに胸を借りる権利を得ることが出来ました。
トゥリオンファーレの今日のレースはちょっとちぐはぐな感じでしたね。
やっぱり川田騎手のほうが良かったかなって思います。
Y.M 2009/01/18(Sun)21:55:16 編集
TRSCKBACK
trackbackURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Y.M
性別:
男性
自己紹介:
愛馬がご一緒の方もそうでない方もコメント頂けたら幸いです。
バーコード
ブログ内検索
Copyright © しがないシステム屋の一口馬主日記 All Rights Reserved>
Materal by photo material Kun Template by Kaie
忍者ブログ [PR]